ゴルフ体験談

ゴルフ体験談

フィリピンで語学留学中にどうしてもゴルフがしたくなり

2018年03月12日 15時40分

フィリピンで語学留学中にどうしてもゴルフがしたくなり、仲間を募って現地のコースに行きました。
3バッグ、フルレンタルでのラウンドです。
年季の入った日本では見たことないメーカー名の刻印された道具でしたが、割と使い心地は良さそうなものでした。
通常は東南アジアのゴルフコースはキャディさんが人数分つくのでチップが大変なのでしょうが、
このコースは米軍の管轄とのことでキャディさん無しでプレーさせてくれました。
ラッキーです。

常夏のフィリピンの気温は朝イチでも30度近くムシムシと暑かったです。
売店で飲み物をたくさん買うと、おばちゃんが
「大丈夫だからフェアウエイもどんどんカートに乗って入って行け!」と言ってくれたのでお言葉に甘えて自分の番以外は極力カートの日陰で大人しくしていました。
フェアウエイもグリーンもそんなに整備はいきわたってはいず、暑さでなのか芝生もはげ気味でダフった跡が見てとれました。
バンカーもその辺の砂というか土というかそんな感じなのでカチカチで打ちやすかったこともあり、なんとなく広い公園で勝手にゴルフしてるみたいな気分です。
これはこれで楽しいです。

暑いからボールを探したくない!ラフに入って蚊に刺されたくない!の思いで丁寧に欲張らずスウィングしていきます。
フィリピンで蚊に刺されたら命とりになるかもしれません。マラリアとか黄熱病とか・・・怖いです。

その緊張感あってか日ごろより落ち着いた、整ったプレーができスコアもまとまっていました。
日本では安全さに頼り切って知らず知らずに気持ちがゆるんでいるようです。
良いことに気づきました!
この精神状態がまとまったゴルフのコツなんだ!
・・・でも、この緊張感を自力で再現ってできるのだろうか?

友人達はもともと安定的なタイプなのか暑そうにはしていましたが坦々とプレーしていました。
性格ってこういうときにもはっきり出ますね。
普段から感情の起伏がない友人Aは黙々と、陽気な友人Bは相変わらずの笑顔と独り言でしたが2人ともぶれずに毎ホール同じくらいのスコアです。
大人のゴルフって感じです。



海外のコースは昼休憩がないので18ホール一気に回りきるとちょうど昼になっていました。
この時点で気温35度、湿度70%ということで屋内に移動することに。
これも外国式でレストランはなく簡単なカフェがあるだけ、汗を流したくてもシャワーブースがちょっとあるだけなので
ラウンド後はすぐに帰ったほうがよさそうと判断しました。

楽しかったとお礼を言ってレンタル品を返し、来た時と同じくタクシーを呼ぶと学校に戻って急いでシャワーを浴びました。
火照ったからだに冷たいシャワーってなんとも気持ちがいいですね。
その後は空腹のままもうひとがんばりして近くのモールに移動して打ち上げランチパーティをしました。

ゴルフができると世界のどこでも遊べる気がします。